Breakthrough POG 2020-2021

Breakthroughとは「突破口」という意味。 POGで勝つための突破口になれば…

カテゴリ: 芦毛POG

続きです。

⑥Unrivaled Belle(非)
(馬名:バニシングポイント、性別:牡、父:Tapit、藤沢和厩舎)
Unique Belleの全弟という良血。Unbridledの3×3に、
Moon Gitter=Relaunchの全兄弟クロスとかなり凝った配合。
母はCaroやFleet Nasrullahなど柔らかい血脈も押さえており、
日本への融和性も高いのでは。米国遠征の話もあるらしい。

⑦Summer Fete(非)
(馬名:レジティメイト、性別:牝、父Exceed And Excel、厩舎未定)
父はNorthern Dancer系×Northern Dancer系でパワーに優れた血統。
母も父は同じ系統だが、それ以外はCozzeneにMill Reefクロスと
柔らかい血が入りバランスが取れた好配合。
馬体もいかにもスピードがありそうな印象でデビューも早そう。

⑧デヴェロッペ(非)
(馬名:ルリオウ、性別:牡、父ゴールドシップ、友道厩舎)
母はステイゴールドとの間にG1・2着馬を輩出。
同じ系統であるゴールドシップと相性は良いでしょう。
バゴ×ステイゴールドで活躍馬が多く出ているように、
Doronic≒Bustinoの成功パターン。厩舎も魅力で。

⑨フリティラリア(非)
(馬名:ファルヴォーレ、性別:牡、父ドゥラメンテ、高橋義厩舎)
全体的に緩いドゥラメンテ産駒の中でも、好仕上がりの1頭。
母母リリウムはパワー豊富な血統でこちらの影響が強く出ている印象。
調教でも良く動いており、早期からの活躍を期待。

⑩アブソル―トライン(非)
(馬名:未定、性別:牡、父スウィプトオーヴァーボード、小島厩舎)
LEX PROの販売馬ですが、近況の馬体写真はなかなか良く見せます。
スウィプトオーヴァーボードの活躍馬であるキョウエイアシュラと同じ、
Ambiorixのクロスを持ち、母は父と相性の良いNasrullah×Hyperionを持つため、
理想的な配合と言えると思います。今期のノルマンディーはこの馬に期待したい。


指名理由を書いていきます。

ウィキッドリーパーフェクト
(馬名:アンドルディース、性別:牝、父ハーツクライ、国枝厩舎)
Seattle Slew、Storm Cat、Mr.Prospectorなど母に相性が良い血が多い。
2歳馬カタログでも動きが良かった。白っぽい芦毛。

参考:ハーツクライの狙い馬①

②グランデアモーレ
(馬名:グランデフィオーレ、性別:牝、父ドゥラメンテ、藤岡厩舎)
母フリティラリアもそうなのですが、ドゥラメンテ産駒は緩い馬が多い中、
母母父クロフネの影響なのか、ドゥラメンテ産駒にしてはあまり緩さが
無いように感じます。同じキングカメハメハ系のロードカナロアとの間に
生まれた兄も活躍しており、父と母の相性は良さそうで。


③リリウム
(馬名:ロイヤルパフューム、性別:牝、父オルフェーヴル、青木厩舎)
母はステイゴールド系の父との間に活躍馬を何頭も出しており、
その相性に乗っかります。福島デビュー予定と具体的にスケジュールが
出ているのもプラス材料で。馬体も良いと思います。

④リトルゲルダ
(馬名:未定、性別:牡、父ディープインパクト、池江厩舎)
ディープ産の芦毛馬。母のスピード能力に期待。
馬体もトモが強い感じだし、血統的にも狙い目。
参考:ディープインパクト産駒の狙い馬④


⑤Careless Jewel(非)
(馬名:リフレイム、性別:牝、父American Pharoah,黒岩厩舎)
母も父もUnbridled+Storm Cat + Jestorとなる相似配合。
父のスピードとパワーを更に増幅してくれそうな配合。
調教も動いていますし、トモのボリュームが凄い。
個人的にはダートのほうが良いと思いますが、芝でデビューするみたいですね。








今年のリストを作っていて「いつもより芦毛の馬が多いなぁ」と
思っていたところ、芦毛POGを発見。
早速参加させていただきました。
指名は芦毛・白毛のみ。重複あり。非社台系生産馬はポイント2倍というルールです。

①ウィキッドリーパーフェクト
②グランデアモーレ
③リリウム
④リトルゲルダ
⑤Careless Jewel(非)
⑥Unrivaled Belle(非)
⑦Summer Fete(非)
⑧デヴェロッペ(非)
⑨フリティラリア(非)
⑩アブソル―トライン(非)

基本的に人気どころから選びましたが、
⑩はこだわりの指名。Netkeibaに書き込みなしだったので
ほとんど指名者はいないと思います。
指名理由は後々書いていきます。

↑このページのトップヘ